ダルビッシュ、激怒の巨人OBに異論唱えた上原浩治を支持 「説得力がありますね」

スポーツ

カブスのダルビッシュ有が8月7日に公式ツイッター(@faridyu)を更新。阪神対巨人で内野手の巨人・増田大輝がマウンドに上がって物議を醸した件で、元メジャーリーガーの上原浩治がOBに異論を唱えたなか、ダルビッシュは「説得力がありますね」と上原に賛同した。

問題のシーンは、8月6日に甲子園球場で行われた阪神対巨人で起きた。8回に5番手で登板した堀岡隼人が、満塁本塁打を浴びるなど1死しか奪えず7失点。そこで内野手の増田がベンチからマウンドに向かった。先頭の近本を136キロの直球で二ゴロに仕留め、続く江越大賀は四球も、4番大山悠輔をこの日最速138キロの直球で右飛に封じ、内野手ながら変化球を織り交ぜて無失点に抑えた。

上原が「OB の方たちに喧嘩を売るわけではないですが、今回の件は何がダメなんでしょうか?」と問いかけるようなツイートをし、「残ってたピッチャー陣は、勝ち試合に投げさせたい選手たち。あそこで投げてしまうと、次の日に影響しかねないと思います」と綴っていた。

上原のツイートにダルビッシュが反応し、「やっぱりメジャー経験があって先発、中継ぎ、抑えを経験しているからこそ説得力がありますね。大敗している場面で野手が投げてくれることがどれだけ大きいかを誰よりも理解している」と賛同するコメントを綴っている。

タイトルとURLをコピーしました