横浜流星、幻の“宮本武蔵”ショットに大反響 「流星くんは悪くない!」

エンタメ
【写真】公式SNSスクリーンショット

新型コロナウイルスに感染し、7月30日に退院していた俳優の横浜流星が、7月31日に自身のインスタグラム(@ryuseiyokohama_official)を更新。主演を務める舞台「巌流島」全公演中止を発表するとともに、宮本武蔵に扮した幻の変身ショットを公開している。

伊藤健太郎とともに舞台「巌流島」で主演予定となっていた横浜だが、新型コロナウイルスの影響もあり全公演中止を発表した。

「僕に大きな責任があります。楽しみにしてくださった皆様、本当に申し訳ございません」と謝罪し、「キャスト、スタッフ一同、最高な作品をお届け出来るよう、感染対策をしながら、熱量を持って、満身創痍になりながらも、稽古していたので、本当に悔しいです」と続けている。

悔しさを滲ませながらも、「最高の環境の中、またこのチームで”巌流島”が出来ることを信じて、今目の前にあることを頑張ります」と前を向いた。

「流星くんは悪くない!」

「いつの日か武蔵が観れることを願ってます」

「正しい判断です。正直私達も観に行くのに不安があると心から楽しめないから」

「いつか“流星武蔵”が観れると信じて待ちます」

宮本武蔵となった横浜の姿を楽しみにしているファンから温かい応援コメントが殺到。インスタグラムの投稿から数時間で約30万近くの「いいね!」がつくなど大きな反響を呼んでいる。

 

タイトルとURLをコピーしました