プロ野球、82人目ノーヒットノーラン「快挙の瞬間」シーンに反響 「あっぱれ!」

スポーツ
【写真】公式SNSスクリーンショット

プロ野球・ヤクルトの小川泰弘投手が8月15日のDeNA戦(横浜)で史上82人目となるノーヒットノーランの偉業を達成した。セ・リーグでは40人目となる大記録の瞬間が映像で公開されて反響を呼んでいる。

小川は初回を無失点に抑えて勢いに乗ると、3回と4回には打線が奮起して3点ずつ加点。5回2死から3者連続三振に加え、8回には無死一塁、二塁の大ピンチも切り抜けた。

最終的に135球、10奪三振の熱投を披露し、ノーヒットノーランを達成。ヤクルトでは2006年5月25日にガトームソン投手が成し遂げた楽天戦以来14年ぶり。日本人投手では1997年9月2日の石井一久(現楽天GM)以来23年ぶりの快挙となった。

プロ8年目の小川が、プロ野球史上93回目82人目となる快挙達成の瞬間を収録した映像が公開され、「これはあっぱれだ!」「おめでとう!」「今日は小川投手が凄かった」「感動した」と賛辞が相次いでいる。

タイトルとURLをコピーしました