神戸の「バルセロナ化」ゴールに称賛「美しい」 名手イニエスタも渾身ガッツポーズ

スポーツ
【写真】公式SNSスクリーンショット

サッカーのJ1ヴィッセル神戸が26日のリーグ第19節で北海道コンサドーレ札幌に4-2と勝利した。その1点目が名門バルセロナを思わせる華麗な崩しで話題となっており、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタも渾身のガッツポーズを披露している。

ノエビアスタジアム神戸で行われた一戦。注目を集めているのは0-0で迎えた前半19分のゴールだ。神戸が左サイドから崩しにかかる中、DF酒井高徳からイニエスタにパスを送り、これをダイレクトでエリア内にリターン。酒井がスペースに走り込み、ダイレクトで中央に折り返すと、最後はFW古橋亨梧が華麗に叩き込んだ。

神戸が華麗な崩しで先制ゴールを奪うと、起点となったイニエスタも喜びを露わにしてガッツポーズを繰り出した。試合は神戸が4-2と勝利したなか、先制ゴールの映像が公開されると、「完璧な崩し」「美しい」「バルセロナ化」などの声が寄せられていた。

タイトルとURLをコピーしました