スペイン各紙、神戸新監督で元日本代表DF宮本恒靖を紹介 “人違い”珍ショットが話題

スポーツ
【写真】公式サイトスクリーンショット

サッカーのJ1ヴィッセル神戸が9月24日、トルステン・フィンク前監督の電撃退任に伴い、元日本代表MFで強化責任者の三浦淳寛スポーツダイレクターが新監督に就任すると発表した。スペイン紙が一斉に報じるなか、メイン写真が元日本代表DF宮本恒靖(現・ガンバ大阪監督)と“人違い”になる珍事が起きている。

神戸のフィンク前監督が家族の問題を理由に電撃退任。当初は元日本代表監督のハビエル・アギーレ氏も候補として浮上していたが、新型コロナウイルスの影響による入国制限や手続き上の煩雑さも加わり、スピード感を重視して三浦氏を新監督に任命したと伝えられている。

バルセロナで長年プレーし、国民的な人気を誇る元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが所属するチームとあって、スペインでも神戸の監督交代は興味をもって報じられた。

スペイン紙「MARCA」が「イニエスタのヴィッセル神戸の新監督に三浦淳寛」と伝え、さらにスペイン紙「Estadio Deportivo」も「イニエスタがプレーするヴィッセル神戸は、フィンクの後任として、三浦淳寛を新しいコーチに任命したと発表した」と記している。

しかし、記事のメイン写真はいずれもガンバ大阪を率いている元日本代表DF宮本監督が、現役時代にストレッチする姿を掲載。完全な“人間違い”となっており、ネット上では「これ、ツネ様では?」「区別がつかないのかな…」などの声が上がっている。

タイトルとURLをコピーしました