宇佐美貴史→井手口陽介、ワールドクラスの「CK→強烈ボレー」弾に絶賛 「すごい」「止められない」

スポーツ
【写真】公式SNSスクリーンショット

サッカーのJ1リーグでスーパーゴールが生まれた。8月19日の第11節浦和レッズ戦でガンバ大阪のMF井手口陽介がコーナーキック(CK)からダイレクトボレー弾を決めて、「ワールドクラス」「これは止められない」と絶賛の嵐となっている。

試合は1-3と敗れたガンバ大阪だが、唯一生まれたチームのゴールが圧巻だった。

0-3で迎えた60分、ガンバ大阪が左サイドのコーナーキックを獲得。FW宇佐美貴史が正確なキックを相手ペナルティーエリア前に送ると、そこに走り込んだ井手口が豪快に右足を振り抜き、ダイレクトボレー弾を叩き込んだ。

負けている状況とあって井手口の喜びは少なかったが、会場にはどよめきが起きている。その映像が公開されると、「すごいシュートやな」「ワールドクラス」「これは止められないw」と賛辞が送られていた。

タイトルとURLをコピーしました