日本の天才MF久保建英、ビジャレアル移籍時の「私物キャップ」に脚光「欲しい!」

スポーツ
【写真】クラブ公式SNSスクリーンショット

日本サッカー界の宝として注目される日本代表の19歳MF久保建英が、8月10日にスペインの強豪ビジャレアルへ1年間のレンタル移籍することが決まった。クラブが契約時の動画をアップしたなか、久保がかぶっていた私物キャップが注目を集めている。

久保は2019年夏にJリーグのFC東京から、スペイン1部の世界的な強豪レアル・マドリードへ移籍。その後、今夏までスペイン1部マジョルカに1年間のレンタル移籍をしており、35試合で4得点4アシストの結果を残している。

8月10日に久保のビジャレアル移籍が正式発表され、クラブがメディカルチェックや契約時の動画を公開。クラブハウスに入る際の久保は私服で登場しており、被っていた帽子が脚光を浴びている。

久保が着用していたのは「ICON」の文字が象徴的なディースクエアード(Dsquared)のキャップだ。黒を基調に、白文字が刻まれている。メディカルチェックの際も、上半身裸でマスクを着用し、頭には同じ帽子をかぶっている。

ファンから「帽子いいね」「どこの?」「欲しい」などの声が上がっており、日本の若き天才アタッカーの移籍とともに、私物キャップも話題になっているようだ。

タイトルとURLをコピーしました