朝倉海、RIZINバンダム級「チャンピオンベルト」ショットに絶賛 「似合う」「保存」

スポーツ
【写真】公式SNSスクリーンショット

総合格闘家の朝倉海が、8月10日の RIZINバンタム級(61キロ)王者決定戦を制して第3代王者に就いた。試合後に自身の公式ツイッター(@kai_1031_)を更新し、「チャンピオンベルト」ショットを公開している。

神奈川・ぴあアリーナMMで「RIZINバンタム級(61キロ)王者決定戦」が行われ、扇久保博正を相手に1R 4分31秒TKO(レフェリーストップ:グラウンドキック)で勝利。試合後にツイッターを更新した朝倉は、「RIZINチャンピオンになりました! 応援ありがとうございました!」と喜びを露わにした。

昨年の大みそかに第2代王座を争ってマネル・ケイプと対戦したが、まさかの敗北。それから約8カ月を経て、UFCに主戦場を変えたケイプが返上したベルトを巻いた朝倉が、満面の笑みを浮かべている写真を投稿している。

「めちゃくちゃ強かった!!!」

「強くなりすぎて衝撃」

「圧勝でしたね」

「感動しました」

「ベルトが似合う」

「写真保存です」

ファンから祝福と称賛のコメントが次々と送られており、第3代王者のチャンピオンベルト姿が感動を巻き起こしている。

タイトルとURLをコピーしました