韓国の“安倍首相土下座”像に批判殺到 「日本に対する侮辱」「どうかしてる」「無礼」

ニュース

 韓国で設置された「永遠の贖罪」と名付けられた建造物が賛否を巻き起こしている。韓国紙「東亜日報」や「韓国経済新聞」が作品の写真を紹介した一方、日本国内では「日本に対する侮辱」「どうかしてる」と怒りの声が上がっている。

「永遠の贖罪」の建造物は、平和の少女像の前にある男性が土下座した姿を現しており、その男性が日本の安倍首相ではないかという疑惑が持ち上がっていた。彫刻家ワン・グァンヒョン氏は「日本には歴史に正面から向き合い、心から謝罪して、新しい日本に生まれ変わってもらうために作った」と語る。

 また、像が置かれている韓国自生植物園のキム・チャンリョル園長は「許しは反省のギフトである。したがって、反省していない者に許しはない」と指摘。「日本に謝罪してほしいとの気持ちで、今回の造形物を設置した」と明かしていた。

 菅義偉官房長官が28日の記者会見で「国際儀礼上、許されない」と糾弾。さらにネット上では「日本に対する侮辱」「どうかしてる」「常識もなく無礼極まりない」「いったい日本は何回謝ればいいのかな?」「もう断交しよう」などのコメントが見られ、日本国内で批判の声が強まっている。

 

タイトルとURLをコピーしました