【全文】枝野幸男・街頭演説(1)「次の選挙で勝って、総理になるのが野党第一党の仕事」

枝野幸男 立憲民主党ニュース
【写真】公式SNSスクリーンショット

本当に想像を超えるたくさんのみなさんに、ご不便な場所、駅前ではないにもかかわらず集まっていただきました。本当にありがとうございます。心から御礼を申し上げます。ありがとうございます。

9月15日に新しい立憲民主党がスタートして5日目、新しい政党として初めての街頭演説をこの場でさせていただいています。

なぜこの場を選んだか分かりますか? 本庄さんが期待の新人だから。だからここに来たんですよ、みなさん。まずはそのことをぜひ知っていただきたいと思います。みなさん、岡田克也って知ってます? 外務大臣をやって、副総理をされて。岡田さんの秘書を長くされていた。あの人は真面目ですからね。

これ20年近く前なんですけど、まだ私が若手の頃、岡田さんも若手の頃、当時の民主党の代表選挙で岡田さんが若手代表で出て下さいよと言ったことがある。なんて答えたと思います? 僕はまだ総理になる準備ができていない(笑い声が起きる)。すごい責任感だと。

野党第一党の党首というのは総理を目指さなきゃならない。次の選挙で勝って、総理になるのが野党第一党の仕事。党首の仕事。そんな立場に立ってしまいまして…頑張らなきゃいけないなというふうに思っております。

そんな真面目な厳しい岡田さんの下で鍛えられて、さぁいよいよ自分が先頭に立って、地域の声を届けて日本を変えていく。それが本庄知史さん。ぜひみなさん、しっかりと育てていただきたいとお願い申し上げたいと思います。

【全文】枝野幸男・街頭演説(1)「次の選挙で勝って、総理になるのが野党第一党の仕事」
【全文】枝野幸男・街頭演説(2)「ずっとこういう政治でしょ。改革という名前の下に」
【全文】枝野幸男・街頭演説(3)「自助だという菅さん。みなさんどっちがいいか選んで」
【全文】枝野幸男・街頭演説(4)「年収1000万ぐらいまで大盤振る舞いをしてもいい」
【全文】枝野幸男・街頭演説(5)「子供の数が増えりゃあ消費は増える。これ一石二鳥三鳥」
【全文】枝野幸男・街頭演説(6)「これ、みんなを幸せにするんじゃないですか?」
【全文】枝野幸男・街頭演説(7)「菅さんが総理になるぐらいなら枝野のほうがマシだと…」
【全文】枝野幸男・街頭演説(8)「私の力だけでは、この国の政治と社会を変えられない」

ソース:2020年9月19日@千葉県柏市街頭演説(立憲民主党)

タイトルとURLをコピーしました